安く済ませる

格安結婚式と通常結婚式はどう違うのか

結婚式というと、親戚や友人や会社の人など多数の方を招待することが多く、そうなるとやはり会場を広くする必要が出てきて、必然的に費用もかさんでしまいます。式場の規模や衣装、招待客の人数により変動はしますが、それでも100万は見積もっておく必要があります。そうなるとある程度貯金があることが前提となり、いくらご祝儀をいただけるとはいえ、そこはあくまでも相手の気持ちあってのものですから、単純にご祝儀だけに期待するのも考えものです。結婚式を挙げる夫婦がみんなそこまで貯金があるかというとそうではなく、家庭の事情など様々な理由で式を挙げない夫婦や写真撮影のみで終わらせる夫婦もいます。そこで最近注目されているのが格安結婚式です。式場の規模はかなり小さく、招待できる方の人数も限られます。規模によっては親戚と一部友人のみで埋まる所もあります。その代わり、費用も30万円程度で抑えられるという大きなメリットがあります。

時代背景からみる結婚式の捉え方

昔は格安結婚式という言葉自体がなく、地域によっては多額の費用をかけて盛大に挙げるものとされてきました。しかしバブル崩壊やリーマンショックを経て人々のお金に関する感覚も徐々に変わり、いかに安く良い式にするか、と創意工夫をされる夫婦も増えています。盛大にやらなくても親戚と親しい友人だけがいてくれたらいい、中には両家の家族だけで小さくてもひっそりと式を挙げたいという考えも出てきています。費用を抑えたいという点と、盛大にやる必要性がないという二つのニーズが合致しているのがまさに格安結婚式です。特に女性にとっては一度はウエディングドレスを着てみたいという夢を、最低限の費用で実現できるという、まさに願ったり叶ったりな仕組みなのです。結婚を予定されている方、結婚はしたけれど式はまだこれからという夫婦は、格安結婚式という挙げ方もあるということを知っておいて損はありません。